日本でも英会話スクールだけではなく、様々な場所で定着して
きているハロウィーンですが、今週は私たちのスクールでも、

子供たちを中心としたハロウィーンパーティーを開きます。

皆さんはハロウィーンにどんな印象をお持ちですか。魔女やお化け
など妙な仮装をして、お菓子を貰って騒ぐだけのパーティーと思い
でしょうか。

由来を知っている方もいると思いますが、今日のコラムはこの
ハロウィーンについて書きます。

 ハロウィーンはかなり古い時代(2,000年以上前ケルト人の時代)
のイギリスで始まった伝統的な行事だそうです。その当時、悪魔や

魔法使いや死者の霊などが、11月1日の前夜つまり10月31日に、
地上で一泊すると信じられていたそうです。お盆の時に、先祖の霊

をお墓に迎えに行って、先祖の霊と共にお盆を過ごし、最終日に、
また、それらの霊をお墓に送りに行く、日本の風習ともどこか、

似ていますね。また、ローマ・カトリックでは11月1日は天上
の聖者たちを祝う日でもありました。伝統的な民族行事と宗教的

な行事が融合する、或いは一方が他方を採り入れるということは、
歴史的によくあることですが、このハロウィーンもそれら二つが

結びついて、全ての聖者を祭る「万聖祭」の前夜祭として、
ヨーロッパやアメリカで祝われるようになりました。アメリカでは

子供だけでなく、大人もハロウィーンを祝います。子供たちは
コスチュームを着て、夕方になると大きなバッグを持って、近所

の家々を”Trick or Treat”と叫びながら回って、
お菓子を貰います。大人はコスチュームを着て、ハロウィーン

パーティーに出かけます。このパーティーのためのコスチューム
をレンタルする専門店もあるほど、盛んな行事です。黒とオレンジ

がハロウィーンの基調色です。また、アメリカでは南瓜の中身を
くりぬいて作ったJack-O-Lanternに明かりをつけて、家の玄関

や窓に飾っているのもよく見受けられる光景です。

 祭りはハレの行事ですから、普段の真面目な規則正しい生活とは
異なった、規範を飛び出した行為が許されます。ベニスのカーニバル

もそうですが、人には普段の自分とは異なった自分を演じてみたい
という変身願望があります。何もその願望は、ジューレンジャーや

仮面ライダーになりたがる子供だけのものではありません。大人も
一緒です。その普段とは異なった自分になれる変身願望が、祭

(パーティー)のエネルギーを生み出しているのではないでしょうか。
現代社会では日常生活においての村的な規範が緩くなり、エネルギー

発散という祭りの役割が失われつつありますが。それは残念な気も
しますし、抑圧がなくなって、より民主的になったという点では、

良い事かも知れません。

 村から出た日本人には、これからは日常生活から少し抜け出た
パーティーという場で、社交性を上手に発揮することが求められて

いるのではないでしょうか。よく様々な国籍の人々が集まっている
場所で、片隅で日本人だけで固まっていたり、また逆にはしゃぎ過ぎて

一人で浮いている日本人を見かけますが、普段自分が所属している
集団とは異なった人々と、いかに上手に楽しく交わるのかという訓練が、

まだ出来ていないのだと思います。気心の知れた仲間との集まりも
楽しいですが、時には見知らぬ人々と出会うパーティーも上手に楽し
めるようになりたいものです。