フォニックス[phonics]という言葉を聴いたことがあると思い
ますが、直訳すれば「音声学」或いは「音声法」となると思います。

しかし、入門期の英語学習でこの言葉が使われる場合は、文字と
発音が一致しない英語の読み書きを、効率よく習得するための

教授法のことを意味します。A(エイ)B(ビィー)C(シィー)
という文字の音をA(ア)B(ブ)C(ク)と教えることにより、

bedとかbagとかcatという文字が自然に読めるようになります。
もちろん例外もあり、全ての文字が読めるようになるわけでは

ありませんが、ある程度の規則を合理的に学びますので、生徒
たちの文字習得のための学習負担が大変軽減されます。アメリカ

やイギリスの小学校ではフォニックスを使って文字の読み書きを
指導していると聞いていますが、日本の英語教育でも積極的に

フォニックスを使って指導すべきだと思います。フォニックスの
教材も沢山市販されていますが、日本の英語教師がフォニックス

教授法の知識を持っていないのか、日本の学校英語教育では余り
普及していないように思われます。私自身も学校の英語の時間に、

フォニックスを学んだ記憶がありません。みなさんはどうですか。
私たちのスクールの授業参観で、小学生たちが英文を上手に読ん

でいるのを見て、参観中の母親たちは驚きます。そして一様に、
「なぜ学校ではフォニックスを教えないのだろう」と疑問の声を

上げます。このメルマガの読者の中で希望者がおられましたら、
私たちのスクールで使っている自前の手作りフォニックス教材を

無料で差し上げますので、メールをください。メールに添付して
送ります。