今回は語学スクールのレッスン時間について書きます。1レッスン
の長すぎもしない、また短くもない理想的な長さとはどれぐらいで

しょうか。通常、生徒数3名から5名くらいのグループレッスンに
おいては、40分から90分が一般的な英会話スクールのレッスン

時間の長さだと思います。短くてはすぐ時間がたってしまい、会話
練習の時間も少なく物足りなく思います。それなら2時間3時間と

長ければ長いほどいいのかというとこれがそうでもありません。
なぜなら人間の集中力はそれほど長くは持続しないからです。

 私たちの綱島校では、基本的にはグループレッスンは最大の
定員数が5名で、レッスン時間は、充分会話の時間が取れるよう

にと、80分としています。また、個人レッスンの場合は50分と80分
の二つから選択できるようになっています。しかしグループレッスン

を全て80分で設定していますと、異なったレベルのクラスを数多く
設定できません。例えば平日は午後9:30に最終レッスンが終了

しますが、生徒の皆さんは仕事を終えてからレッスンに参加します
ので、早いクラスが18時45分〜20時05分、遅いクラスが20時10分

〜21時30分となり、2クラスしか設定できません。これが50分クラス
だと18時50分〜19時40分、19時45分〜20時35分、20時40分〜

21時30分と同じ時間帯に3クラス設定できます。これですと、生徒の
レベル別のクラス選択肢や時間の選択肢が拡がり自由度が増します。

そういう事情で、北山田校では英会話のクラスは50分を基本として
います。外国語をマスターするための理想としては、特に初期の段階

においては、50分〜60分のレッスンに週2〜3回、出来れば毎日通う
のが理想でしょうけど、仕事が本業であり、他にもやることがたくさん

ある社会人にとって、時間的にも経済的にもそれは難しいと思います。

 どれぐらいのレッスン時間の長さが、生徒とスクール両方にとって
理想なのでしょうか。暫く現在の50分クラスと80分クラスを継続して、

より理想に近い時間を見つけたいと思います。生徒や読者の皆さん
からの意見がありましたら教えてください。