今朝の新聞によると、横浜市は2009年度から全ての小学校で
英語を教科として、週1回教えるそうです。その程度で英語が使える

子供が増えるとは思いませんが、民間の英会話スクールにとっては、
生徒が増えるいいチャンスかもしれません。このように子供の英語

教育については、いろいろ議論され、機会も拡がってきていますが、
大人の初心者のための英語教育はひどい状態です。英語から長年離

れた中年のビジネスマンたちが、仕事の必要上、英語を学び始めて
います。しかし、子供が持っている言語習得能力を失っている大人が、

24時間365日その言語で生活しているネイティブの子供たちと
同じような方法で、週1・2回外国人講師の初級クラスで英会話を

始めても、たいした上達が望めないのは当然です。学習言語が話さ
れていない国で、大人が外国語として言語を習得するには、母国語

習得法とは異なった学習法が取られなければならないのです。

 「高校卒業までに高いレベルで英語を使える日本人を育成する」
ことを1990年の設立の当初から目指してきた私たちのスクールは、

元々生徒数としては子供の数が大人の数より多かったのですが、
最近はどうしても英語を習得する必要があるという大人の生徒数が、

子供の生徒数を上回ってきました。それで今回、そのような大人の
英会話学習初心者のためのコースを、新たに設けました。

インテンシブコースと名付けたこのコースでは、英語で会話するため
の基礎となるあらゆること(文法・フォニックス・リスニング・

ライティング・リーディング等)を、日本人講師から個人レッスンで
体系的に学び、そこで学んだ知識を、外国人講師のクラスで運用して

英語を習得していきます。これはこれまでも個々にこの組み合わせで
教えてきて、大人の初心者が効率的に英語を習得するために、最も有効

だった方法です。これからはこのインテンシブコースを、より組織的に
充実させ、英語を必要としている大人の初級レベルの学習者に大いに

役立ちたいと考えています。