これから大量の「団塊の世代」(昭和22年〜24年生まれ)の人々が、
平成20年前後をピークに退職を迎えるという話しを聞いていると

思います。退職後、これらの人々には様々な生き方の可能性が
あります。このコラムでも定年退職後の海外移住について以前

書きました。それもひとつの生き方です。多くの健康な人々は、
現役時代のように身を削るような働き方はしたくないが、やはり

可能な範囲で社会に必要とされ貢献する充実した生き方をしたい
と考えていると思います。しかもその活動に金銭的な報酬があれば、

なおさら理想的だと考えるのではないでしょうか。そのひとつの
選択肢として翻訳の仕事を在宅でしてはどうでしょうか。このような

提案をすると、外国語に自信がないという方が多いと思います。
しかし外国語が出来ても専門的な知識がない人よりも、専門的な

知識を持った人が、外国語を勉強する方が、優れた翻訳者に早く
なれると思います。定年退職する人たちは、これまで専門の仕事

を20年30年とやって来た方たちですので、優れた知識をたくさん
持っている方々です。退職後は時間も知識も有ります。そして家

のローンを払ったり子どもを育てたりしている現役世代と異なり、
翻訳の仕事のみで生計を立てるわけではありませんから、コスト

パフォーマンスにも優れていると思います。自分の専門の分野さえ
持っていたら、インターネットを使って世界中からその分野の翻訳

の仕事が見つかります。仕事を見つけるためのヒントをひとつ言えば、
英語が出来ることは大切ですが、英語プラス他の言語をマスター

すること。そしてその英語以外の言語で専門分野の翻訳をすること。
これが翻訳家となる早道です。では皆さん頑張ってください。