これは先日、ある新聞に載った記事のタイトルです。2011年に
始まる新しい学習指導要領で小学5・6年生に必修化される英語

活動について、小学校の教員に行ったアンケート調査から見えて
きたことについて記事にしたものです。調査は昨年9月、全国の

公立小学校1650校にアンケートを送付して、日本英語検定協会
が行ったそうです。調査の結果ですが、教員たちは、「小学校で

英語を教える前にどんな研修が必要か」との問に対して、「授業
の進め方などの指導法」が76.6%、「自分自身の英語力の向上」が

56.9%、「カリキュラムなどの指導計画の立て方」が56.3%と、
多くの教員が事前研修の必要性を感じていることが浮き彫りに

なりました。そして既に自身の英語力向上のために、「自費で
英会話学校に通ったり自宅学習したりしている」教員は28.6%、

「今後取り組みたいと考えている」教員も48.4%に上っている
とのことです。先の3月20日の第110回目のコラムに、

「出版社が主催した英会話講師研修に例年になく多くの小学校の
教員たちが参加していたのに驚いた」と書いたのですが、その

事情が飲み込めました。先生たちは「英語を教えると言う未経験」
なことに不安になっているのです。現在、私たちのスクールでも

小学校教員の生徒が英会話を学んでいますが、これから私たちの
英会話教授法アクティブ・ティーチング、アクティブ・ラーニング

法を、地域の小学校の先生方に役立ててもらえる方法がないか、
また小学校教員の英語力の向上に私たちのスクールが貢献でき

ないか、いろいろ試みたいと思います。このメルマガの読者に、
小学校の先生がおられたらご相談下さい。