先日、韓国語講師の金先生とスクールの生徒のことについて話して
いました。「日本人に韓国語を教えていて驚くことは、一般の日本人

がとても向上心をもって外国語を学んでいると言うことです。」と、
金先生が言っていました。韓国では仕事とか留学とか目的や必要性

のある人が外国語を勉強するのは普通ですが、一般の主婦が外国語
を教養のために勉強すると言うケースは少ないそうです。また、

別の機会に、中国語講師の文先生も同じようなことを言っていました。
日本人は自分を他者に知らせることよりも、他者を知ることにより

多くの情熱を持っているような気がします。この情熱が日本人の
外国語学習熱にも反映されているのではないでしょうか。また、

このことは日本の気候風土や地理歴史等、様々なことが影響して
いるのだと思いますが、これからは日本人のこの勤勉性をもう少し

自己発信のために生かしていくことが大切だと思います。外国語
の学習もこれまでのような受信型の学習ではなく発信型の学習を

したら、もっと外国語が早く上手になると思います。自己を主張
すると言うことは他者を否定するのではなく、他者が自らと異

なっていることを認めたうえで、相手に同化を求めるのではなく、
この異なりこそがお互いを豊かにしていると認識することです。

そしてその上に、同じ人間としての共通点や共感できる普遍的
価値観があることを知ったら、とても素晴らしいと思います。

これからの外国語の学習において、私たち日本人が持っている
勤勉性を受身ではなく積極的に生かすために、他者を認めながらも、

自分はこう考えるがどうですかというふうに、自己発信型の学習
をしたら、外国語学習がもっと楽しくなり、しかもより早く上達

すると思います。どうぞ楽しみながら自己発信型の外国語学習を
試みてください。