3年前の2004年9月23日にメルマガを発行し始めて、
今回で100回目のコラムとなりました。このようにして3年間、

100回のコラムを書き続けることができたのも、拙い文章を
読んでくださる読者の皆様のお陰だと感謝しております。

有り難うございます。それで今回は100回目の記念号ですので、
私が理想としている英会話スクールについて書きます。

 生徒たちはスクールに入るにはパスポートを提示します。一度
スクールに入ったら、教室はもちろんカフェテリアやショップでも

会話は全て英語で行われます。出来れば紙幣も発行して、
イングリッシュワールドを作ります。レッスンは初心者のための

基礎英会話クラスもありますが、基本コンセプトは英語を習得
するために英語を学ぶのではなく、英語を実際に使いながら英語

を習得していく学習法です。たとえば「ビートルズを歌う」
「モノポリゲームをやる」「ディベート」「理科実験」「星座の世界」

「英字新聞を読む」「ニューズウイークを読む」「ピアノレッスン」
「ギターレッスン」「世界のラジオニュースを聞く」「You Tubeを見る」

「英作文」「絵画教室」等々。これら全てのレッスンを自らの
レベルと興味に応じて毎回、生徒が選択できるシステムにします。

そして受講者の多い講師は生徒数に応じて高く評価され、受講者の
いない講師やレッスンは自然淘汰されていきます。
 
 どうでしょうか。このようなスクールを作りたいと思っております。
きっと毎日行きたくなる楽しいスクールになると思います。