「今、学んでいる外国語の他にもうひとつ外国語を学んだら」
と勧めると、たいていの人からは、「外国語をひとつ学ぶのさえ

こんなに苦労しているのに、さらに他の外国語なんて、とんでもない」
という返事が返ってきます。でも本当にそうでしょうか。

英語以外の外国語を第1外国語としてマスターした人々で、
英語を第2外国語としてマスターしている人は多いはずです。

それはどうしても第1外国語以外に、様々な場面で英語を使う必要性が
あるからです。そしてその人々にとっては、既に一つの外国語をマスター

した経験があるので、第2外国語として英語をマスターすることは、
そんなに大変なことではないのです。

彼らは、既に外国語学習のやり方を知っていますし、ヨーロッパ系の
言語ですと、文法や語彙の相似性も随分助けとなってくれます。

そしてさらに良いことは、第2外国語の学習は第1外国語の知識や
言語全般についての知識を豊かにしてくれます。

ですから本当は第1とか第2とかの名称を使いたくありません。

 それでは英語を最初の外国語として学習したりマスターした人々は、
英語である程度用が足りてしまいますので、その言語が話されている国

にでも住まない限り、英語以外の他の外国語学習のモチベーションが
持ちにくいというところに問題があります。

このことは日本に住んでいる外国人で英語圏以外から来た人々は、
一年程で基本的な日本語の日常会話をマスターします。

特に日本語に最も近い外国語と言われる韓国語を母国語とする
韓国人たちは、1年で実に上手に日本語を話せるようになります。

一方、英語圏出身の外国人は、何年日本に滞在していても片言の
日本語しか話せない人が多数います。特に大都市で生活し、

英語教師などをしていると、職場でも私生活でも殆ど英語で済んで
しまいます。日本に5・6年も住んでいるのに、いまだ片言の日本語

しか話せないアメリカ人やイギリス人は大勢います。私からすれば、
せっかくの外国滞在と言う素晴らしい機会を充分に経験し味わうこと

も出来ず、大変残念な気がします。日本人の英語学習者もある程度
英語ができるようになったら、他の外国語の学習を試みてください。

日本語訳して学習しない限り、決して混乱することはありません。
それどころか英語運用にマイナスはひとつも無く、プラスは多々あります。

元々の英語も上達します。英語の次の第2外国語としての学習言語の候補
としては、ヨーロッパ系の言語でしたら、英語で第2外国語を学ぶ手があります。

英語を習得した半分以下の時間と努力で第2外国語を習得できるでしょう。
しかも英語もさらに上手になっていきます。

もうひとつは、日本人にとって学びやすい韓国語という手もあります。
これも1年程度で基本的な会話は出来るようになるでしょう。

このようにしてあなたの言語世界や人間関係が広がっていくことは、
なんて素晴らしいことでしょう。そのためには新しいことをやろうという

好奇心と、少しばかりの勇気が必要なだけです。