3年前に英語の学習を始めたとき、Tさんは79歳でした。全く
の初心者だったTさんのレッスンは、ABCの基礎の基礎から

始まりました。英語が読めないとお家での学習が出来ませんから、
フォニックスで文字の読みを指導し、文字が読めるようになると、

彼女はその日上手くいかなかったレッスン内容を、次回のレッスン
までにはしっかりお家で練習して、出来る状態でレッスンに望んで

いました。頑張り家の彼女は、新聞のチラシの裏に憶えるべき文章
を書いて覚えています。彼女の努力には敬服するばかりです。教え

ていて教師冥利に尽きます。何回も復習を繰り返しながらレッスン
を進めていくので、レッスンの進み具合は大変ゆっくりなのですが、

確実に進歩しています。最近、Tさんが苦労しているのが時制です。
現在形・現在進行形・過去形まで一応出来るようになったのですが、

未来形のbe going toが学習項目に入ってきたら現在進行形との
混乱がおきて、同じ項目を3レッスンほど繰り返して学習して

いました。しかし、お家でしっかり勉強してきたTさんは、今日
の4回目のレッスンでは、見事にこれらの時制を使い分けていました。

こんな時、人間って本当に素晴らしいと感激します。初めは出来
なくても、努力を継続していけば出来るようになるのです。

日々の進歩は小さくて見えませんが、継続する努力は報われます。
そのため毎日の努力をなるべく楽しくやる工夫をしてください。

「笑う門には福来たる!」ですが「笑うレッスンには上達来たる!」。
これかなりの名言です。