英語は文字の綴りと発音とが余り一致しない言語です。と言う
ことは音声からスペルを綴ったり、逆に知らない文字を正確に

発音することが困難な言語だと言うことです。そこで私たちの
教室では生徒たちの英語の文字学習の負担を少しでも軽くする

ために、文字と発音のルールを学ぶフォニックスで英語の読みを
指導しています。今日はそのルールの一つである「母音字の発音」
と「c.g文字の発音」を学びます。良かった以下読んでください。

ルール1

apple, ant :aの文字は[ae]:「エ」の口の形で「ア」と言う音を出します。

egg, elbow :eの文字は[e]:日本語の「エ」とほぼ同じ音です。

ink, pit :i の文字は[i]:日本語の「イ」とほぼ同じ音です。

ox, top: o の文字は[a/⊃]:日本語の「オ」よりは「ア」に近く、
              喉の奥から音を出します。

up, pun: uの文字は[∧]:日本語の「ア」に近い音です。

ルール2

母音字は後ろに子音字とeが来ると、a[ei], e[i:], i[ai], o[ou], u[ju:]の様に、
アルファベットの音に発音されます。

a+子音字+e:cake, make

e+子音字+e:eve, Pete

i+子音字+e:bike, wine

o+子音字+e:hole, rope

u+子音字+e:cube, tune

ルール3

「文字c.gの発音」

cは[k]と発音しますが、e,i,yの前では[s]と言う音に変わります。
can, cap→cell, city, cymbal

gは[g]と発音しますが、e,i,yの前では[j]と言う音に変わります。
gas, gum, dog→gem, ginger, gym

 他にもまだルールがありますが、今回は母音字と2つの子音字の
音の変化を学びました。