下記は1月11日付の日本経済新聞からの転載です。


 ソフトバンクは海外で活躍する人材を育てるため、
英語能力テスト「TOEIC」で高得点を取った社員

を報奨する制度を月内にも始める。990点満点で900点
以上なら100万円、800点以上なら30万円の一時金を

一律支給する。昇格や採用の基準にTOEICを活用
する企業はあるが、報奨金で英語学習を促すケースは

珍しい。国内の主要グループ5社の全社員計約1万
7000人が対象で、他の関連会社への拡大も検討する。

全社員に今後3年以内にTOEICを1回以上受験させ、
点数が記載された認定証の提出を求める。英語で業務上

大きな支障がない水準とされる800点以上の社員を現在
の約800人から、2015年末に3000人に増やす考え。

会社の費用負担は3年で10億円以上に達する見込み。

                  
 この記事を読んで、皆さんはどのように考えましたか。
ソフトバンクは外国人社員や外国人留学生を多く新規

採用しているので、楽天やユニクロと同じように社内
のコミュニケーション共通化と効率化を図るために、

社内共通言語を英語にしようとする意図があると思い
ますが、それと同時にグローバル化した国際社会で、

国内だけで事業を展開することには、もはや今後の
発展や新たな展開を期待できないと判断し、グローバル

に活躍できる日本人従業員を必要としているのでは
ないでしょうか。それは単に英語が話せると言うだけ
ではなく、グローバルな視点でものごとを捉え、考え、

そして事業展開できる人材が求められているからだと
思います。

以前、当校で語学を教えていた非英語圏の留学生が
いたのですが、彼は昨年ソフトバンクに入社しました。

その彼からの連絡では、早速100万円獲得を目指して、
英語学習にこれまで以上に頑張ろうと意気込んでいる

とのことです。なんかますます面白い世の中になって
きましたね。