国際共通語としての英語

アメリカ人やイギリス人やオーストラリア人等、英語を母語
として話している人びとは世界中で約4億人です。そしてインド

やシンガポールのように英語が公用語として使われている国の
人々や、外国語として英語を使っている人々の数は十数億人と

言われています。ということは、私たちは英語を母語としない
人々と英語を使ってお互いにコミュニケーションをはかる機会の

方がはるかに多いわけです。その場合、大切なことはネイティブ
のような発音でもなく、ネイティブだけが使うようなイディオム

が使えるかでもなく、自分が言いたいことが相手に正確に伝わる
か否かということです。相手とコミュニケーションをとるために

は、RとLを正確に発音できるよりも、正しい語順で話す方が
ずっと大切です。よく例に出されることですが、riceの発音が

liceになっても、レストランで虱を注文する人はいませんから、
実際上はたいした問題になりません。コミュニケーションは、

状況理解、知識、経験、身体表現、相手への好意など、言語以外
の様々な要素が組み合わされて成立するのです。また、どんなに

流暢に喋っても、内容のない会話よりも、例え少々拙くても、
内容のある面白い話に人は耳を傾けるのです。フランス人は

フランス語訛りで英語を話しますし、イタリア人はイタリア語
訛りで手を盛んに振りながら英語を話します。それは当然のことで、

ネイティブのように英語を話すフランス人やイタリア人はむしろ
軽く見られがちです。そろそろ日本人も日本人らしい英語を話す

ことに自信を持ってもよいのではないでしょうか。また実際その
方がより英語が通じますし、コミュニケーション能力も上達します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

新任Matthew先生