大学院生にフランス語を教えて

「これまでフランス語を学んだことは無いけど、1年半後に
博士課程に進学するために試験があるのでフランス語を教えて

ほしい。」と法律を学んでいる修士課程の学生に、去年の夏に
依頼され、教授を引き受けてから、10カ月が経ちます。これまで

長年、英語の受験勉強や英仏会話は教えてきましたが、フランス語
の仏険を除く受験勉強の指導は始めてです。それでも未知の物に

対する好奇心から指導を引き受けました。最初の9ヶ月ほどで文法
の学習を終え、現在、法律に関した仏文の講読をしていますが、

これが大変面白いです。意外な発見でした。法律の知識など無い
のに、何が面白いかと言うと、論理的に書かれた仏文を読むことが、

ただそれだけで、そのまま面白いのです。これまでフランス語で
書かれた小説や新聞記事をたくさん読んできましたが、法律や

憲法に関した文章をまとめて読むのは始めてです。少年の頃、
きっと小説かテレビの影響だったと思いますが、一時期、将来

弁護士になりたいと思った事があったことなども思い出して、
毎回ワクワクしながら授業をしています。また、学生時代、

ゼミで訓練した論理的な自論の展開の仕方や、相手の意見を論理的
に論破しようと試みた経験なども思い出されます。こんな楽しい

発見をくださった生徒のM.K.さんに感謝しています。どうもありがとう。
これからも楽しく学んでいきましょう。自ら楽しみながら教えて、

授業料も貰える。こんな素敵な仕事はありません。乞食と役者は三日
やったら、止められないと聴いたことがありますが、教師もそうかも
しれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

ピクニック