大手英会話学校の経営破綻

大変残念なことに、先日、大手英会話学校ジオスが破産手続き
の申し立てをして、事実上倒産したと言うニュースが伝わりました。

生徒の中には1年分の授業料として20数万円を払ったばかりの
人もおり、その授業料の返還は難しいそうだと言うことです。

2007年にもNOVAが経営破綻して、未受講分の授業料の返還が
出来ず、大きな社会問題となりました。幸い今回は別の会社が

事業を引き継ぎ、7割の教室を維持していくとのことですが、
それでも99教室が閉鎖されるので、教室が遠くなり通えなく

なる生徒もいるとのことです。このようなことがあると、
アメリカ企業を抜き去り、つい1年前には世界トップ企業となり

莫大な利益を上げていたあの世界のトヨタでさえ、1年後には
経営危機に見舞われるというこの不透明な時代、1年先のことなど

誰にも分かわないということを切実に感じます。そのような時代
に生きていると言うことを理解し、われわれ消費者は賢く行動

しなければいけません。これからも益々グローバル化していく
今日の世界で、外国語のスキルは今後も求められこそすれ、不必要

になると言うことはけっして無いでしょう。それなら1年という
長い期間の授業料を一括して払わなければ受講できないスクール

ではなく、月謝制で学校を堅実に経営しているスクールを選択
されてはどうでしょうか。これまで20年間語学スクールを経営

してきていますが、月謝制でスクールを経営できない理由は何処
にもありません。きっと皆さんの周りにも、月謝制で生徒の立場

に立った経営をしている良質なスクールがあると思います。テレビ
で宣伝しているからとか(その宣伝費はあなたの授業料で支払われ

ているのです)、大手だからという判断基準でスクールを選ぶので
はなく、自分が必要としているスキルが、適切な料金と公正なシス

テムでこのスクールで本当に身に付くのか、そのような視点から
スクールを選ばれて下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA