学び上手な生徒

語学が上達していく生徒は上手に学んでいます。今日は、その
上達する学習法について、フランス語を例に書きます。参考に
して下さい。

一般的にどんな言語にも共通して言えることですが、外国語は
動詞が使えるようになったら上達します。フランス語の動詞は、

主語の人称によって語尾が変化していきます。これを動詞の活用
と呼んでいるのですが、レッスンでは新しい動詞が出てくるたびに、
動詞活用の口頭練習をします。そして次回のレッスンで前回、

学んだ動詞の活用が習得できているかどうか確認するために、
生徒に動詞の活用を言ってもらいます。語学習得が苦手な生徒は

ここで、消極的になります。理由は上手く出来ないからです。
そしてその上手く出来ない理由は、お家での練習が充分でないからです。

これはじっくり考えて答を出すような問題ではありません。
掛け算九九と同じように、考えずにスラスラ出てこなければ言葉

として使い物になりません。学び上手な生徒は、ここでニコッと
して、練習してきた成果を見せる良い機会を貰えたとばかりに、

積極的に動詞を活用していきます。そしてさらに学び上手な生徒は、
教師にやってくるようにいわれた動詞の活用だけでなく、学んだ

それらの動詞を使って何とか自己表現を試みようとするのです。
もちろんその試みの過程で間違いを犯したりしますが、学び上手

な生徒は学ぶ過程での間違いを気にしませんし、むしろ可笑しな
間違いをして、皆を笑わせたりして自分も楽しんでいます。五百、

六百の単語を知っていても何も喋れない生徒もおれば、百、二百
の単語を上手に使って楽しい会話ができる生徒もいるのですから、

言葉とは面白いものです。皆さんもどうぞ心をオープンにして、
外国語を学ぶ過程を楽しむ、そのような学び上手な生徒になって
ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

固定制と予約制