文科省調査・英検3級以上中3の半数

 2023年度文科省英語力調査の結果が発表されました。それによると中学3年生で英検3級程度以上のスコアを取得していた生徒は27.9%、学校の成績などを基準に教員が相当と判断した生徒が

22.1%で、合計50%でした。また高校生では3年生で英検準2級程度以上を取得した生徒は32%、教員が相当と判断した生徒が18.6%で、合計50.6%でした。

この日本の中高生たちの英語力の低さにショックを受けています。私たちのバイリンガルセンターでは中学生は全員が英検準2級程度以上の合格を達成し、できれば中学3年生で2級に合格するように

指導しており、実際多くの中学生が英検2級に合格しております。また高校生は全員が英検2級程度以上に合格しており、バイリンガルセンターでは高校生の目標は準1級合格としておりますので

多くの高校生たちがこの目標を達成しています。生徒たちは「積極的に学び・積極的に英語を使うアクティブティーチング・アクティブラーニング」学習で、週1・2回の通塾(ほとんどの生徒が週1回)

と家庭での20分程度の毎日の学習で、高いレベルの使える英語習得を実現しております。自慢ぽくなってしまいましたが、高いレベルの英語習得は優れた教授法と英語を使って学ぶ実用的な学習法で

実現しますので、英語を学ぶことを目的とするのではなく、英語を使って様々な世界に触れ自分の世界を広げ豊かにする手段として英語を学んでください。
                                     祷 治満

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


未分類

前の記事

求められる英語力