綱島と北山田の英会話教室バイリンガルセンター。月謝制でフランス語、中国語も学べます。英会話はもちろん、英検、TOEIC、大学受験なども学べます。子どもから、お年寄りまで少人数クラスで授業。ただいま無料体験レッスン受付中です。

18カ国語を習得したシュリーマンの外国語習得法

シュリーマンの外国語習得法とは

トロヤの遺跡やミケネの遺跡を発見発掘したシュリーマンですが、ビジネスマンでもあった彼は、18ヶ国語をマスターしてその言語能力を古代研究にも役立てました。

彼の古代研究の実現を可能にした富を彼に築かせたのも、彼の外国語運用能力でした。

「古代への情熱」と題されたシュリーマンの自伝から、彼の外国語学習法を抜粋して紹介いたします。彼の自伝は外国語学習とは関係なくても、単なる読書経験としても面白いと思います。ご興味のある方は「岩波文庫」から出版されていますので、お手に取ってみてください。

シュリーマンの外国語学習法とは以下の方法です。

 

1.非常に多く音読すること

シュリーマンの声高な暗誦は、隣人たちを悩まし、家主に苦情を言われて、彼はロシア語の習得中に、2回住居を変えなければならなかったそうです。

2.決して翻訳しないこと

 

3.毎日1時間学習すること

彼はあらゆる瞬間を学習のために利用しました。
英国教会の礼拝にいつも2回通い、説教を聴いて、それを口真似したり、郵便局で待つ時間にも常に何かを読んでいたそうです。

4.常に興味ある対象について作文を書くこと

 

5.自分の作文を教師の指導によって訂正すること

彼は、教師を雇い、年収の半分を学習のために使いました。

6.前日訂正された作文を暗記し、次のレッスンで暗誦すること

ロシア語を学んでいた時、教師が見つからなかったため、ロシア語を一言もわからないユダヤ人を週4フランで雇って、彼のロシア語の暗礁を聞かせていたそうです。

 

ドイツ人であるシュリーマンは、上記の学習法でまず最初に英語を6ヶ月でマスターして、次に同じ方法で、フランス語をこれまた6ヶ月でマスターしました。

その後は、オランダ語・スペイン語・イタリア語およびポルトガル語を流暢に話し書くことが出来るようになるまでに、6週間以上を必要としなかったそうです。

このシュリーマンの学習法に基づき、私見を加えながらより現代的な方法で、もう少し具体的に実践的な外国語学習法を提案していきたいと思います。

 

1.非常に多く音読すること

iPod等携帯の録音機を使って、何時でも何処でも学習言語を聞くことをお奨めいたします。インターネット上に様々な教材が無料で溢れています。そして可能な限り、音声教材の口真似(シャドーイング)をしたり、テキストを音読してください。そして暗誦をしてください。

2.決して翻訳しないこと

暗誦する作品は、内容を理解している自分が好きな作品を選んでください。映画なら、初級者は最初日本語字幕で観てもかまいません。次にスクリプトを音読します。そして内容を理解したら、字幕なしで映画を何度も観ます。自分が好きな作品なら、小説でも映画でも繰り返し味わうことが出来ます。ここでも好きなシーンや箇所は、そのまま登場人物になりきって暗誦をしてください。

3.毎日1時間学習すること

机に座って1時間勉強する必要はありません。通勤の電車内や、料理・掃除をしながら聴いたり、読んだり、暗誦の練習をしたりします。

4.常に興味ある対象について作文を書くこと

基礎的な文法を学ぶ必要があります。日本人の教師に教わるか、文法書を1冊仕上げてください。

5.自分の作文を教師の指導によって添削してもらうこと

教養のある良いネイティブ教師を見つけてください。

6.前日訂正された作文を暗記し、次のレッスンで暗誦すること

暗誦は作文を添削した教師の前でもいいですし、極端な話、家族の前でも構いません。あなたの暗礁を聞いてくれる誰かがおればいいのです。シュリーマンはロシア人が居なかったので、ロシア語を知らないユダヤ人にお金を払って、彼の暗誦したロシア語を聞かせました。

上記に挙げたこと6つのことを半年も実行すれば、あなたも外国語を一つマスターできます。試してみてください。大切なことは楽しみながらやることです。

バイリンガルセンター代表 祷 治満

お気軽にお問い合わせください TEL 045-544-5376 平日12:00~20:00土曜9:00~18:00(日祝を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © バイリンガルセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.