このシリーズの最後となりましたが、5回目の手紙は、
帰国子女たちが身に付けた英語力を、いかに維持していく

か、そのためのアドバイスです。

「帰国子女の英語維持」

 帰国してから時間が経ってきますと、当然のことなが
ら英語よりも日本語のほうが楽に使えるようになってき

ます。小学校高学年で帰国した子供たちは、読み書きが
出来るので英語能力の維持はそれほど難しくありません

が、小学入学前や小学1・2年生で帰国した場合は、
帰国子女たちの英語力を維持し、さらに年齢に応じて

伸ばしていくためには、週1回の教室でのレッスンだけ
では充分でありません。どうしてもご家庭で英語に触れ

る機会を作る事が必要となります。しかもそれはお勉強
と言う形ではなく、年齢や子供の英語力に合った英語の

本を一緒に読んだり、英語のアニメを一緒に見たり
(子供だけにさせるのではなく、親と一緒にすることが

大切です)、外国のお友達とEメールをやり取りして、
出来るだけご家庭で楽しく英語に触れるように試みて

下さい。英語圏のペンパルを見つけるサイトも沢山あり
ます。もし分からなかったらご相談下さい。また教室の

帰国生同士がお友達となり、お互いの会話やメールでの
やり取りを英語で行なうことも有効です。そのためには

このコラムの1回目の手紙でも指摘しましたが、子供
たちの持っている大きな可能性を強制ではなく、褒めて

励まして伸ばすことが大切です。英語を学ぶ子供たちが、
より広い世界で心豊かに生きていく、そのお手伝いを

ご家庭と共にやっていきたい。そういう理念で、英会話
スクールを私たちは運営しております。