生徒たちはたくさんの選択肢の中から、どのようにして自分に合った
スクールを選ぶのでしょうか。これはスクール経営の視点からも大変
興味のある問題です。もし誰か答えが分かっている方がいたら教えてください。

 私たちのスクールも含めて、今日、どのスクールも無料体験レッスン
等を行っているでしょうから、入会前にある程度のレッスンの様子は
分かると思います。

しかし担任制でなく毎回、講師が変わる予約制の場合や、実際の普段の
クラスでの体験レッスンでなく、体験レッスン用のレッスンでは、
入会後の実際のレッスンと体験した内容が異なり、体験レッスンが余り
参考にならない場合もあります。

私たちのスクール場合、体験レッスン後、実際に本校に入会した生徒たち
から得た情報では、説明がよかったから、講師が素敵でレッスンが楽しか
ったから、アットホームな雰囲気だったから、月謝制で安心できるから、
授業料が安いから、大手のスクールで以前いやな経験をしたので小さな
スクールを探していたから等が、選択の理由だったようです。

しかし、体験レッスン受講後、本校に入会しなかった方々もおられ、
当然それなりの理由があったと思いますが、追跡調査が出来ませんので、
想像以外では分かりません。

テレビや雑誌で知られた知名度の高いスクールがよかった。その方が
安心だという心理も分かります。ホテルのような洗練された家具や
ソファーがあるフロアーがよかった。これも生徒が満足感を得るため
の重要な点です。

生徒は皆、外国語が上手になりたくて学習を始めます。しかし目的は
同じでも、それぞれの生徒により満足感の得かたが違います。

 私達は、外国語を学ぶ過程と外国語を習得した結果において、生徒
の心と視野そして関わる世界が、より広くより豊かになるための
お手伝いを外国語教育を通して行いたいと思っております。

それは教える講師の人間としての素晴らしさと、プロとしての高度な
専門知識が生む優れたレッスン、そして生徒の立場に立つスクール運営
システムにより実現すると思います。

 幸いなことに、私達は、多くの素晴らしい生徒の方々に支えられて
おります。私たちの学校の一番誇りうるものは、ここで学んでいる
素晴らしい生徒たちだと思っております。

外国人講師の採用面接で、いつも私が強調するのは、

「あなたは、素晴らしい生徒たちに会えますよ。あなたはそれに相応しい
人ですか?」ということです。

いみじくも昨年のスクール主催のクリスマスパーティーの後の帰宅途中、
私の妻がぽろりと言いました。

「生徒の皆さん、みんな優しくおとなしい人たちね。スクールのカラーに
似てくるのかしら。」

私はそれを聞きながら、この人間的にとても素晴らしい生徒たちが、
これから益々様々な人々との交流が盛んになっていく国際社会で、
価値観や文化が異なる相手を、時には粘り強く説得したり、時には
自分の意見や考えを強く主張したりすることも学んでいってほしいと
思いました。

 今後も素晴らしい生徒の方々に選んでもらえるようなスクールになるよう、
努力して行きたいと思います。