2008年のスクール

今回は2008年の最初のコラムですので、今年私たちのスクールで
どのようなことをやり、どんなスクールにしていきたいかについて

書きます。現在、私たちのスクールで英語及び英会話を学んでいる
生徒には、2歳の幼児から小学生・中学生・高校生そして20代から

60・70代の大人の方々まで様々な年齢の人々がおります。以前は
大人の生徒より子供の生徒の人数が多かったのですが、現在では

大人の生徒の数がより多くなっています。英語を切実に必要として
いる社会人が増えているのだと思います。そこで今年はまず大人の

生徒を対象にした「英会話のための文法レッスン」をもう少し充実
させようと考えています。また、日本人講師と外国人講師の連携した

レッスンによる、より効果的な学習法の開発と、インターネットを
英語学習に役立てるための生徒への提案を実現したいと思います。

 一方、外国人講師が教えている小学生クラスのレッスン内容の
充実も図りたいと思います。そのために講師の研修をもっと行います。

さいわい現在教えている二人の外国人専任講師は教育に熱心で、
しかも自分たちの教授スキルの向上にも関心が深いので、互いに教え

合うという形と、教材出版社などが行うセミナーに出席するという
形で、講師研修の充実を実現したいと思います。それから私自身が

出来ることとして、自主教材の開発及び充実があります。小学生
クラスのリーディング力向上のために、フォニックス教材をさらに

充実させたいと思います。さて1年後どのような報告が皆さんに
出来るか、楽しみにしていてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

ビジネスで必要な英語力