ピアノやバイオリン、バレーを頑張っているあなた、
サッカーや野球やテニス、又はスキーやスノーボードを

一生懸命練習しているあなた。あなたの未来を開きあなた
の夢を適えるのは言葉、特に世界で通用する英語が使える

かどうかです。楽器の演奏やスポーツで頑張れるあなた
なら、外国語の習得はそんなに難しくありません。なぜ

なら語学の習得は音楽やスポーツの技能を修得する過程
と驚くほど似ているからです。そこには多くの共通点が

あります。語学は理解しただけでは使えるようにはなり
ません。理解した文法や構文、そして学んだ単語や熟語

を言葉として何度も何度も使って運用していかなければ
なりません。具体的にはたくさん聴いてたくさん話し、

たくさん読んで、たくさん書かなければ語学は習得でき
ないのです。これは楽器の演奏の練習やスポーツが上手

になるための繰り返し練習と同じです。特定の楽器を
上手に演奏できたり、特定のスポーツが上手になる

ためには反復動作を何度も何度も繰り返し、身体に動き
を覚えさせ、意識せずに特定の運動を流れるようにでき

なければなりません。語学習得も同じです。母国語で
ない外国語を話すには、其の言語を話すときに使われる

口の筋肉を鍛えなければなりません。そして使われる
文法や構文を意識せずに喋るためには、意識しないでも

言葉が出るように何回も何回も繰り返し練習する必要が
あります。あなたが自転車に乗っているときに使って

いる筋肉と神経と意識の使い方と、意識しないで使える
筋肉と神経の回路を、外国語修得でも同じように身に付

けるのです。同じやり方で。そうすれば、あなたは英語
が喋れるようになります。そうなれば、これからは

あなたが得意な音楽やスポーツで、活躍する場が世界に
広がります。そんな未来があなたを待っています。