小学校でなぜフォニックスを教えないのか

夏休み期間中に実施した「小学校教員英語指導者講習」で、
英語を読むための有効な学習手段であるフォニックスを小学校の

先生方に指導しました。しかし、文字を小学校では教えないという
教育委員会からの指導があり、先生たちは「こんな便利なものが

使えないなんて」と、大変嘆いていました。もちろん言語の習得
においては、読み書きという文字言語の習得よりも、聞き話す

音声言語の習得が優先されることは当然のことです。しかし毎日
2・3時間以上、しかも英語のみを使って行うインマージョン教育や、

授業以外の日常生活で英語を使う機会があるならともかく、週1回、
年間30回程度の授業で文字を使わず、音声だけで英語を習得する

ことは不可能です。小学1年生から6年生まで6年間、音声だけ
で英語を学んでも、生徒たちはけっして英語が話せるようには

ならないでしょう。私たちのスクールでは、週1回の授業では殆ど
の時間を、英語で聞いたり話したりする音声言語の練習に加えて、

小学1年生から徐々にフォニックスで読むことを指導します。
すると個人差はありますが、大体2・3年で英文が読めるように

なるので、生徒たちは週1回の教室での授業だけでなく、お家でも
英語を読んだり書いたり出来るようになります。すると、教室で

音声を中心にして学んだ英語に、お家で文字でも再び触れることが
出来るので、教室で音声から学んだ知識やスキルがより定着して

いきます。そのようなことを話し、小学校の先生たちには、
「英語を音声だけで教えていても、余り効果がないので、其の内に

フォニックスが小学校にも導入されると思います」と、返事して
おきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

予期せぬ訪問者

次の記事

感謝