人と人との関わりや繋がりを考えるとき、それは師弟でも、友人でも、恋人でも、夫婦でも、そして親子でもそうですが、何が一番大切だと皆さんは思いますか。相手に対する信頼・愛情・尊敬等の心情や、苦楽を含めた共にした

経験や生活が大切だと、多くの人は思うのではないでしょうか。しかし私が特に大切だと思うのは、相手に対する感謝の気持ちです。誰しも人間ですから完璧な人はいません。私自身にも欲があり、虚栄心があり、自己保身が

あり、自己嫌悪に陥ることもしばしばです。でも素晴らしい師に出会えたこと、かけがえのない友人に出会えたこと、素敵な恋人に出会えたこと、結婚して家庭を築いてくれたこと、親に命を貰い、育てていただいたことに、

いくら感謝しても足りないほどです。時に人間は我が儘にもなります。そのような不完全な我々人間が、他者とのつながりを維持し、少しでも良い人生を送るには、相手に感謝の気持ちを持つことが大切ではないでしょうか。

教師になって30年が過ぎましたが、多くの素晴らしい生徒たちとの出会いに感謝し、彼らが努力して成長してくれたことに感謝し、そして未熟な私を成長させてくれた生徒たちに感謝したいです。有り難う。本当に有り難う。これからもよろしくお願いします。

祷 治満