今年も中学1年生たちが、私が担当している「ESLクラス」に入ってきました。このクラスでは生徒たちは、英語を第二言語として学びます。それは英語で「聞き・話し・読み・書く」能力を高校卒業までに習得するプログラムです。週1回、70分のレッスンを受講するためにこのクラスの生徒達には、

2時間の家庭学習が求められます。「アクティブ・ラーニング・アクティブ・ティチング」と名付けて、開校した29年前から実施している英語学習法ですが、生徒たちは教室で学んだ学習内容を上記の4技能を使って家で練習し、次のレッスンでその練習の成果を発表します。

基本的には運動能力の向上や楽器演奏能力の習得と同じ方法で、英語を使いながら練習を繰り返して英語を習得していきます。より具体的には、これまでに私たちの多くの生徒たちが実現してきたように、中学生で英検2級合格、高校生で英検準1級に合格することを目標にしています。

第1回のレッスンで中学1年生たちにこのような話をして、最後に君たちが社会に出るときに、英語が使えるという能力を習得していたら、活躍する場が世界中に広がるよと話しました。そしたら、彼ら彼女らの目がキラキラと輝いていました。この生徒たちの6年後の成長が今から楽しみです。

                                         祷 治満