英語能力が求められている社会

英会話スクールを運営して17年になりますが、現在、どのような
大人の生徒たちが英語を学んでいるのか、それについて今日は書きます。

1990年代までは、大人の生徒のクラスの大半は、20代から30代
前半のOLや子育てを終えた50代から60代の女性たちでした。

彼女たちが英会話を学ぶ理由やきっかけは、年に1・2回海外
旅行に行き、その際英会話が出来た方が楽しい旅行が出来ると

言うことでした。しかし2000年に入って、英会話を学習したい
という生徒の層や、目的が変わってきました。それはどのように

変わってきたかと言うと、英会話の学習がそれまでの海外旅行や
教養と言うような個人的な趣味から、仕事で必要だからとなって

きたのです。生徒の年齢も、それまでスクールには余り見かけ
なかった30代から40代・50台の男性に広がってきました。

もちろんそれら男性に混ざって仕事で使う目的で英会話を学ぶ
女性たちもいますが、私たちのスクールでは男性の生徒の比重が

これまでよりも高まってきました。その生徒たちは専門分野の
技術知識を持ち、そのエキスパートとして、これまで10年・

20年と自分の専門分野で活躍してきた人々です。もちろん親会社
が外資系になったから英語が緊急にどうしても必要になったと

言うケースもありますが、多くは英語が出来ればこれまでやってきた
自分の専門性がもっと生かされると考えている人々です。学習を

始める時点では彼らの英語力はとても低いのですが、学ぶ態度は
真剣です。私たちスクールの方も、これらの生徒の要望に応える

ために、より効果的な教授法を開発したり、または少なくても
初心者の学習の滑り出しが旨くいくために、バイリンガル日本人

講師と外国人講師の連携した協力も欠かせないものと考え、可能な
限りオーダーメイドのレッスンカリキュラムを一人ひとりの生徒

に組めるようにしています。そして私が何よりも嬉しいのは、全く
の初心者だった生徒が、その後の努力の甲斐あって、ネイティブの

講師と楽しそうに会話しているのを見るときです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

Eメールペンパル

次の記事

ピクニック